士(サムライ男子

フェイス トゥ フェイス


深田 壽Uふかたひさし)

インタビュアー 中小企業診断士 兼田 亜貴

今日は、税理士の深田先生にインタビューをしたいと思います。
独立されて、まだ年数が立っていませんが、勤務されているときとの違いはありますか?


毎日が新鮮ですね。楽しくて仕方ありません!今、事務所には私一人で勤務していますので何もかも自分でこなさなければならない大変さはありますし、当然、すべて自分が責任を追わなければならない立場ですので、以前より増して気が引き締まりますが、仕事を自ら設計してこなしていく楽しさが倍増しました。

深田 壽

事務所がとても整頓されていますね。税理士事務所のイメージは書類であふれかえっているイメージなのですが・・・・。

書類は全て電子化しているんです。これで書類を探し回る時間を大幅に節約できますよ。電子化されたお客様の大切なデータですので、当初に設置している専用サーバに格納した書類は、日々バックアップを行っているなどセキュリティー対策やバックアップ体制も完璧に行っています。

名刺に『資金力アップアドバイザー』という肩書が付されていますね。

私の仕事の想いとして、単なる記帳代行ではなく、お客様に資金力を付けていただきたい、というのがあるんです。自社の経理全般について税理士まかせでは、会社の成長に結びつきません。
TKCシステムを使いながら、帳簿を作成し読み解く力をつけるべく、とことんご一緒しながら、お客様を導いていきたいと思っています。

深田税理士事務所のポリシーは「FACE to FACE」だそうですね。

常に顔をつきあわせたお付き合いをしたいですね。信頼関係が生まれてこそ、良い仕事ができると思っています。他の税理士事務所では、経営者や経理の担当者に来ていただいくケースもあるようですが私は徹底した現場主義でコンサルティングをしたいと思っていますので、どんどん出向いていきますよ。

こんな税理士を目指したい、というような理想像はありますか?

昔、母がずっと付き合いがあった税理士が、急に亡くなられたことがありました。
その時、母はあまりのショックと悲しさに立ち直るのにとても時間がかかりました。

単なる仕事でのお付き合いだけでなく、その背景には信頼関係の強さがあったんでしょうね…。

そうですね。税理士という仕事がいかに経営者を支えるための可能性にあふれているかと理解した同時に、私もそんな風にお客様との間の絆をつくっていきたいと感じましたね。私の目指す税理士像です。
最近は、家族経営されている企業の、重要事項を決める役員会議など、信頼や親しみがあるからこそご一緒できると思われる場に呼ばれることが増えてきました。今後も、顔をつきあわせたお付き合いで、お客様との2人3脚する気持ちを大切に、しっかり資金力アップのためのサポートをさせていただきます!




 TKCシステムのメリット
・同業者比較で、財務戦略が立てやすい(20万社黒字企業データベース)
・適時性証明書が発行されます(金融機関・税務署への信頼の証です)
・融資に優遇措置があります(金利優遇・TKC専用融資商品)
・提携金融機関が多い


 
このページのトップに戻る
 
リンク
深田税理士事務所
深田 壽
http://fukata.tkcnf.com/pc/
大阪府豊中市東豊中町6-17-6
コア・シンプル106号