相続登記・財産承継事務・遺産分割協議書作成

(1)ヒアリング(無料、交通費は実費のみ頂戴いたします)
遺言書の有無、亡くなられた方、法定相続人の状況(氏名・住所・行方不明者はないかどうか)、財産の内容やどのように遺産分割をしたいのか等について、ヒアリングを行います。場合に応じて必要書類をご案内いたします。当事務所での面談の他、出張ヒアリングも行っています。

(2)戸籍の収集
亡くなられた方の生まれてから亡くなられるまでの戸籍を収集します。お客様ご自身で行っていただいても結構です。時間と手間がかかりますので、専門家に任せたい方は当事務所で収集いたします。

(3)相続人の皆様のニーズに沿って遺産分割協議書作成を行います。各相続人への連絡調整、遺産分割協議の調整を行います。(紛争性がある場合は行うことができない場合があります)

(4)相続財産の中に、不動産が含まれている場合は、不動産登記申請を行います。不動産が団体信用生命保険付きの場合は、相続登記後、抵当権抹消登記を行います。

 

遺言書の作成

☆公正証書遺言とは
公証人役場の公証人が作成し、偽造改ざんのおそれがないために有効な遺言となります。原本は公証人役場に保管されます。

公正証書遺言の場合
(1)ヒアリング
財産の状況、誰に何を残すのか、遺留分、執行者はどうするのか、などについて、詳しくヒアリングを行います。印鑑証明書や戸籍謄本等が必要ですので、必要書類をご案内します。

(2)公証人との打ち合わせ
ヒアリングでお聞きしたニーズに沿って、公証人との打ち合わせを行います。打ち合わせの結果は詳細にご報告いたします。

(3)遺言当日
証人2人が必要ですが、未成年や相続人、受遺者はなることができません。証人が用意できない場合は、司法書士と当事務所スタッフが証人として出張いたします。